投資信託を積立購入

投資信託の積立購入が徐々に支持を集めています。

毎月、一定額を機械的に預金や投資に回す方法は、資産を貯める上で有効な方法です。投資の世界では手数料無料(ノーロード)で信託報酬の低い、いわゆる低コストの投資信託を定期的に積立購入することが、徐々に人気を集めつつあります。

会社によっては500円から積立購入できるところもあります。つまり毎月数千円でグローバルポートフォリオを持ち、国際分散投資が可能になるのです。

世界各国で資本主義が続く限り、世界経済は全体でプラス成長を続けることでしょう。つまり、国際分散投資を行えば、安定的に資産を運用することが可能になります。

また国際分散投資だけでなく、現在、日本株式が割安だとお思いなら、日本株中心の投資信託を積み立てるなど様々な戦略が投資信託なら可能です。

ノーロード、低信託報酬という低コストの投資信託を積立購入することで、銀行預金よりも遥かに有利な運用を実現することが可能です。あなたも低コストの投資信託の積立購入を始めてみませんか。

積立投信会社紹介

セゾン投信
投資信託|セゾン投信|動画バナー(積立)468*60
直販型の投資信託を販売するセゾングループ傘下の投信会社です。国際分散投資を低コストで実現できる2つのタイプの投資信託を運用しています。主力商品の「セゾン・バンガード・ グローバルバランスファンド」の純資産総額は順調に伸び続け近頃500億円突破を突破しました。セゾン投信の投信の評価の表れだと思います。口座数も5万件を突破し順調に伸びています。
セゾン投信の詳細はこちらへ!
ひふみ投信
ひふみ投信
ひふみ投信は国内外の株式に投資し積極的に収益を狙う、アクティブファンドを低コスト(低い信託報酬)で提供しています。運用を行うレオス・キャピタルワークス社では中小株運用で著名な藤野英人氏が運用責任者を務めており、運用に対する信頼度と期待度の両方を兼ねそろえています。日経平均に採用されているような大企業の株価は冴えませんが、多くの中小株の株価は実は上昇しています。ひふみ投信はそうした有望な中小株を中心に運用を行い好調なパフォーマンスを出しています。
ひふみ投信の詳細はこちらへ!
SBI証券
SBI証券
SBIホールディングス傘下の証券会社として幅広いサービスを提供しています。口座数、預り資産、売買代金などでネット証券No.1を誇っています。 積立可能な投資信託数は業界でもトップクラスであり最低500円から積み立てることが可能です。ネット証券業界でトップレベルの規模を誇るコールセンターを持っておりサポートにも定評があります。
SBI証券の詳細はこちらへ!
楽天証券
楽天証券
当初は三井住友FGと米国のDLJ証券が共同で設立したネット証券です。その後、楽天グループの傘下に入り現在に至ります。ネット証券トップクラスの商品とサービスの品揃えを誇っています。特に国内外のETFを含めた投資信託の品揃えに定評があります。積立可能な投資信託数も業界でトップクラスの実績を誇っており、業界でいち早く最低1000円からの積立購入を可能にしたのも楽天証券です。
楽天証券の詳細はこちらへ!
カブドットコム証券
カブドットコム証券
三菱UFJフィナンシャルグループのネット専業証券です。提供する商品の幅広さに加え、様々なきめ細かいサービスを提供しています。例えば今やネット証券のサービスで定番となった「逆指値」を業界で最初に導入するなどの実績を持ちます。積立可能な投資信託数も充実しており、投資信託だけでなく普通株までも最低1000円からの積立購入が可能となっています。
カブドットコム証券の詳細はこちらへ!
マネックス証券
米系投資銀行ゴールドマンサックスに勤務していた松本大氏が0から創業したインターネット専業証券です。また、オリックス証券を吸収し一層の規模拡大が見込めます。自社アナリストによる積極的な情報提供が強みです。
マネックス証券の詳細はこちらへ!
CMS 披露宴余興や二次会